旅行会社の社員は旅行に安く行けるの?衝撃の裏事情

旅行業界の裏事情

現役の旅行会社社員のおさむらいです。

旅行会社のひとって、旅行に安く行けるんでしょ?と聞かれることがありますが・・・ハイ!安く行けます! 場所とか選ばなければですけど。

暴露して良いものかどうか分かりませんが(汗)、差し支えのないところまでお話ししてみたいと思います。

いままで利用した旅行会社社員の優待

いままでいくつかの社員優待を利用させていただきましたが、その中でも思い出に残っているトップ3を挙げさせていただきます。

関西ーダラス・フォートワースのCクラス航空券80,000円

とある航空会社が新規就航記念として発表したものです(今はもう就航していません)。幼い子供を連れて家族3人で、ウォルトディズニーワールドへ行くのに使いました。

KIX-DFW-MCOと飛び、初泊はディズニーオールスター泊。2~3泊目はディズニーアニマルキングダム(サバンナビュー)泊。4泊目はMCO空港直結のハイアットリージェンシー泊。5日目にMCO-DFW-KIXと乗って帰国しました。

復路のDFWでは、搭乗ゲートでピンポンがなりましたが、元々Cクラス利用だったのでUGがあるはずもなく、ただ新しい航空券を受け取りましたが、機内に入る直前で券面を見ると、シートが「4A」に変わっており、FIRSTの文字が!当時はまだファーストクラスにしかフルフラットシートがなかったので、日本までの12時間はベッドにしてゆっくりさせていただきました。感謝感謝です!

ちなみにホテルはJHCで普通に手配しました。

KIX=関西国際空港、DFW=ダラス・フォートワース空港、MCO=オーランド空港

フィジー(シャングリラ・フィジアンリゾート)

こちらは、いまは無きエアパシフィックとランドオペレーターの協力のもとに、エージェント向けにフィジーのユニットを提供していたものを利用させていただきました。 

成田空港からナンディまでの往復はエアパシフィックのCクラス、宿泊はシャングリラ・フィジアンリゾートに4泊でした。

雨季に行ったので到着日から雨でしたが、時折晴れ間が出たときの海のキレイだったこと!これぞ南太平洋の海っていう感じで生涯忘れられません。

シャングリラ・フィジアンリゾート&スパ フィジー公式HPより

空港からホテルへの送迎バスには私たちの他にもう一家族乗車されていて、帰国便も同じということが分かり、滞在中仲良くさせていただき、しばらくは年賀状のやりとりなどもありました。

子供が小2のときに行きましたが、ホテルのプールでオーストラリアから来たという同じくらいの子と遊んでいました。その子に「明日も遊べる?」と聞かれて「明日はもう帰るんだ」と答えたら、すごくさびしそうな顔をされたことを覚えています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-1-1024x682.png
シャングリラ・フィジアンリゾート&スパ フィジー公式HPより (こちらのプールでの思い出)

ホテルステイ1泊2食10,000円

とあるテーマパークの有名オフィシャルホテルHが、客室改装記念にエージェント向け宿泊優待をやっていたので行ってきました。いつもは1泊朝食つきで10,000円程度で優待をしているところ、夕食付ということで大変お得でした。なんとかプラスルームというカテゴリーの部屋でしたが、今はもう別の名前になっています。

この画像と記事に関連はありません

情報はどんなところから入手しているか

昔は、FAXで情報がまわってきたりというアナログな世界でしたが、最近ではトラベルビジョンという旅行業界の情報サイトから情報入手するケースが多いです。

トラベルビジョン

トラベルビジョンは旅行業界の最新情報をまとめているサイトです。毎日記事が更新されていて、誰れでも見ることができます。航空業界やホテル業界の記事も載っていますので、興味のある方はのぞいてみると良いかも知れません。

   >>> トラベルビジョン

トラベルビジョン
一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

優待情報もメアド登録すれば誰れでも見ることは可能です。利用するには名刺の提出や外務員証の提示だったり、在職証明書の提出が必要だったりします。

海外航空券ですと最近は、フィンランド航空やスカンジナビア航空を見かけました。 ルフトハンザドイツ航空はユーロペップという研修運賃を定期的に掲載していましたが、最近は見かけないですね。

海外ツアーですと、前出のフィジーのようにユニットになっているものが時々出ます。ニューカレドニア、タヒチなどを見かけました。

このように、旅行会社の社員向けに優待旅行、優待運賃、研修運賃などを掲載しています。

会社のイントラネット

会社のイントラネットにも情報が掲載されることがあります。

海外のカテゴリーに研修優待のページがあり、社員なら誰れでも見ることができます。イントラネットですので、社外の方は見ることはできません。

こちらにも「おおっ!これは!」と思うものが掲載されていたことがありました。稀にですが、日本航空や全日空の欧米線が研修運賃として出ていたこともあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 386313_s.jpg

なぜ旅行会社社員を優待するのか

サプライヤーにとって、自社のサービスを旅行商品として売ってくれる旅行会社社員は、宣伝広告塔となりうる存在です。

あなたがどこかへ旅行に行って、ここ良かったよと周りのひとにお話しをしても、おみやげ話として受け止めてもらって終わり・・・となると思います。

ところが旅行会社の社員は、自分のお客様にそのサービスの良さを宣伝してくれますし、旅行会社の社員のオススメだから間違いないだろうという効果もあります。旅行に実際に行く人たちに拡散してくれますので、サプライヤーにとってはありがたい話ですね。

旅行会社の社員に、一般より安い対価でサービスを利用してもらい、その良さを歩く宣伝カーとして顧客に宣伝して送客してもらう。そんな効果を狙っているのでしょうね。

ホテル日航アリビラ(筆者撮影)
豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

マイルの宝箱 | 管理人

おさむらい
おさむらい

JALときどきANA、時によりUAのマイルを貯めている陸マイラーです。目線を低くして、初心者の方や主婦の方など、誰れにでも優しく簡単にマイルを貯められるような情報提供を目指しています。旅行会社勤務ですが、添乗ではマイル加算運賃で乗れる筈もなく、もっぱらクレジットカードやポイントサイトでマイルを稼いでいます。旅行業界の裏話や、My Lifeのカテゴリーでは自分の好きなものを記事にしています。よかったなと思っていただける記事がありましたら、ぜひお友達にもご紹介ください。

おさむらいをフォローする
タイトルとURLをコピーしました