飛行機に乗らないで、ポイントサイトを使って大量のANAマイルを貯める方法。

飛行機

こちらのページでは、
「マイルって何?」
「貯めるとどうなるの?」
という超初心者の方むけに、ANA(全日空)のマイルを貯めることを想定して、しかも、家で貯めることをメインにお話しをいたします。

まずはANAのホームページを開いてみましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png

ANAのマイレージを貯めるには、ANAマイレージクラブ(略称AMC)の会員になりましょう。会員登録は無料です。こちらのリンクで登録してしまって大丈夫です。

マイルを貯める一歩を踏み出せましたね(笑)

簡単に言うと、ANAマイレージクラブに加入して飛行機に乗るとポイント(マイル)が貯まって、そのポイント数によって商品(特典航空券など)がもらえるという仕組みです。

ところで、特典航空券をゲットするには、どれくらいのマイルを貯める必要があるのでしょうか? ここに一例を挙げてみます。

【国内線】東京(羽田・成田)~大阪(伊丹・関西・神戸)

     往復10,000マイル(ローシーズン)

【国際線】東京(羽田・成田)~ソウル(金浦・仁川)

     往復12,000マイル(ローシーズン・エコノミークラス)

東京~大阪で往復10,000マイル。東京~ソウルで往復12,000マイルです。

では、東京~大阪の特典航空券10,000マイルを貯めるには、どれくらい飛行機に乗ればよいかシミュレーションしてみましょう。

羽田空港から大阪伊丹空港まで、スーパーバリューという運賃で搭乗した場合に貯まるマイル。

     片道210マイル・・・

単純に計算して24往復してやっと10,000マイル貯まります。ひと月に2往復するビジネスマンでも年間でこれしか貯まりません。

国際線だとどうでしょう。

羽田空港からニューヨークまで、エコノミーバリューという運賃で搭乗した場合に貯まるマイル。

     往復6,722マイル・・・

ニューヨークまで往復しても10,000マイルには遠く及びませんね。

でも、いろいろなブログを見ていると、

「ニューヨークへファーストクラスで行ってきました」

「ヨーロッパへ夫婦でビジネスクラスで行ってきました」

という景気のいい話が飛び交っていますよね。

でもみんな、そんなに金持ちなんでしょうか?

もし、あなたもそんな景気のいい話の主人公になれるとしたらどうしますか?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_meal_int1_2003-2005_001-1.jpg
ANAファーストクラスのミール
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 17304-lang-multi.jpg

ANAファーストクラスのシート

・・・なりましょう!

そんな景気のいい話の主人公に!

陸マイラー(おかまいらー)という言葉を聞いたことはありますか?

飛行機に頻繁に乗っているわけでもないのに、航空会社のマイルを大量に貯めているひとたちの呼び名です。

あなたも陸マイラーのやっていることを真似して大量のマイルを貯めれば

ファーストクラスや

ビジネスクラスの

特典航空券をゲットできますよ!

でも、どうやって?

その貯め方を、手取り足取り分かりやすく解説いたします!

1.誰にでもできる!陸マイラーがANAマイルを貯める仕組み

陸マイラーがANAマイルを貯める仕組みは次の通りです。

①「ハピタス」「モッピー」「ちょびリッチ」等、ポイントサイトの会員になる(無料)。

②ポイントをANAマイルに交換する中継点「ドットマネー(.money)」の会員になる(無料)。

③「ANA POINT ClubQ PASMO マスターカード」というクレジットカードを作る(年会費要)。

表にするとこんな感じです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-3.png

このような仕組みでANAマイルを貯める方法を、TOKYUルートと呼ばれています

2.ポイントサイトの会員になろう

●AMCの会員手続きが終わったら、次にポイントサイトの会員になります。

ポイントサイトとは、そのサイトを経由して商品の購入をしたりサービスの利用をすると、独自のポイントが付与されるサイトのことです。その独自のポイントをANAのマイルに交換することを陸マイラーはやっているわけです。

有名なところでいうと、ハピタスモッピーちょびリッチなどがあります。まずはこの3つのどれかを会員登録しておくとよいでしょう。もちろん3つとも会員登録しても構いません。他にもサイトはありますが、管理しきれなくなると思います。

下の3つのサイトは私からの紹介となりますので、新規加入されたあなたに、それぞれ記載されているポイントが加算されます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hapitas-1024x878.jpg
ハピタスの入会はこちらから

こちらからハピタスに登録し、

7日以内にサービスを利用すると

あなたに400ポイントが付きます。

ぜひ上のバナーから登録してください。

**************************

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-2.png
モッピーの入会はこちらから

こちらからモッピーに登録し、

5,000ポイントを獲得すると

あなたに2,000ポイントが付きます。

期間限定ですので、このチャンスをお見逃しなく。

**************************

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: いつものちょびんくん.png
ちょびリッチの入会はこちらから

 こちらからちょびリッチに登録し、

 翌月末までに1ポイント以上を獲得すると

 あなたに500ポイントが付きます。

**************************

3.ポイント移行ルートを登録しよう

●ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイレージクラブに移行するには、ドットマネーというポイント交換所を経由します。ここを通らないとANAマイルには替えられないので、ドットマネーの登録をこちらで行ってください。

登録は簡単、アメーバ(ameba)の会員になるだけです。無料ですのでこちらから登録を行ってください。既にアメーバ会員の方はスルーして大丈夫です。

アメーバ会員の登録はこちらから

4.ANAマイルに変える武器!このカードを持とう!

陸マイラーを目指すのであれば、少しでも多くのマイルが獲得できるように行動したいですね。いよいよ最終兵器を用意するときがやってきました(笑)

それは、ANA TOKYU POINT ClubQ Master Card です。

陸マイラーとしてANAマイルを貯める場合、このカードは必須となりますが、申し込みをする前に予備知識を提供いたします。

●マイ友プログラム

ANAが公式に行っている、ANAカード会員向けのお友達紹介プログラムです。  ANAカード会員の紹介であなたが申し込むことによって、カードの種類により、あなたにマイルがプレゼントされます。

以下の表をご参照ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20181202001227.png

ANA TOKYU POINT ClubQ Master Cardは、ANAカード(一般)です。マイ友プログラムで紹介されてこのカードの申し込みをすると、通常の入会ボーナス1,000マイルに加えて、500マイルがプレゼントされることが分かります。

プラス500マイルをゲットしてANA TOKYU POINT ClubQ Master Cardを申し込みする方法は次の通りです。

ANAマイ友プログラムのページをこちらから開きます。

次のような画面になります。

真ん中あたりの登録用ページをクリックしてください。

登録用ページをクリックすると、次のような画面になります。

紹介者氏名と紹介番号については、以下にお名前とメアドをご入力いただき、紹介依頼はこちらからをクリックしてください。自動返信でお知らせいたします。

    ●どこ得でポイントサイトを選ぶ

    マイ友プログラムの登録が終わったら、ANAカードはポイントサイト経由で申し込みしましょう。どのサイトがいいかなと迷ったときは、どこ得というサイトがありますので、そちらで調べてから申し込みするとよいでしょう。参考までに、

          ANA TOKYU POINT ClubQ Master Card

    で検索した場合の結果は次の通りです(2020.5月現在)。

    先ほど紹介したポイントサイトのなかでは、モッピーで2,000円相当のポイントが貯まることが分かります。

    ANAのマイルに移行しやすいように、「ハピタス」「モッピー」「ちょびリッチ」のいずれかを選ぶと良いでしょう。

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-5-1024x413.png

    ANAカード申し込みの際のポイントと注意点

    その1.ANA「マイ友プログラム」に登録しよう。紹介番号を登録して、プレゼントマイルをもらおう。

    【注意】マイ友プログラムに登録して、そのままANAの画面でカード申し込みをしてしまっては、ポイントサイトでのポイントがつきません。マイ友プログラムに登録したら、ANAの画面から一度離れましょう。

    その2.WIDEカード、ゴールドカード、プレミアムカードなどの上位カードを作る予定があるときは、ANA TOKYU POINT ClubQ Master Cardの作成前に、上位カードをANA「マイ友プログラム」に登録し、上位カードから先に発行しましょう。

    1人に対して1回しかマイルはプレゼントされないためです。

    その3.ポイントサイトを選ぶとき、「どこ得」というサイトで、どのサイトで申し込みをすればいちばんポイントが貯まるかを調べよう。

    その4.「どこ得」で調べたポイントサイトからANAカードを申し込みしよう。  ハピタスは元々あまりヒットしません。またタイミングによっては該当なしの場合もあります。

    ※該当なしの場合は、ANAのマイ友プログラムに登録したあと、そのまま同じANAの画面で申し込みしてしまって大丈夫です。

    その5.ANA TOKYU POINT ClubQ Master Cardのカードブランド(=カード会社)を間違えないようにしましょう。JCBでもVISAでもなくMASTERです。

    5.まとめ

    いかがだったでしょうか?

    陸マイラーがANAマイルを貯める仕組みのイメージはつかめたでしょうか?

    もう一度おさらいすると、

    ①ポイントサイトの会員になる

    ②ドットマネーの会員になる

    ③ANAマイ友プログラムに登録する

    ④ポイントサイトからANA TOKYU POINT ClubQ Master Cardを作る

    でした。

    実際にポイントサイトでサービスを利用する続編も併せてごらんください。

    最後に老婆心ながら一言補足します。

    「ソラチカルート」なるものを掲載しているブログが散見されますが、2019年に閉鎖されています。更新されていない古い情報ですのでお気をつけください。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    コメント

    マイルの宝箱 | 管理人

    おさむらい
    おさむらい

    JALときどきANA、時によりUAのマイルを貯めている陸マイラーです。目線を低くして、初心者の方や主婦の方など、誰れにでも優しく簡単にマイルを貯められるような情報提供を目指しています。旅行会社勤務ですが、添乗ではマイル加算運賃で乗れる筈もなく、もっぱらクレジットカードやポイントサイトでマイルを稼いでいます。旅行業界の裏話や、My Lifeのカテゴリーでは自分の好きなものを記事にしています。よかったなと思っていただける記事がありましたら、ぜひお友達にもご紹介ください。

    おさむらいをフォローする
    タイトルとURLをコピーしました