マイルを貯めるなら絶対この1枚!!SPGアメックスの魅力と、メリット・デメリットを徹底解説!

SPG

こちらのページでは、SPGって何?という初心者の方向けに、SPGアメックスカードを持つ魅力と、メリット・デメリットなどを分かりやすく簡潔にお伝えいたします。

目 次

そもそもSPGって何?

SPGとは?

SPGとは、スターウッド プリファード ゲスト(Starwood Preferred Guest)の頭文字を取ったもので、分かりやすく言うと、日本にもあるシェラトンホテルやウェスティンホテルが加盟している会員サービス名称のことです。いわゆるホテルチェーンのことと思えば大丈夫です。

2019年に

  ■スターウッドプリファードゲスト

  ■ザ・リッツ・カールトン・リワード

  ■マリオットリワード

の3つのホテルチェーンが統合して、そのサービスの名前が

  ■マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy

というホテルチェーンの名称に変わりました。

ロビー

現在はSPGアメックスという名称ですが、将来的にはマリオットボンヴォイアメックスカードという名称に変わるかも知れませんね。既に公式サイトでもアナウンスされているようです。

どんなホテルがあるのか

日本国内にあり、耳にする機会がありそうなホテルの一例は、次の通りです。

   ■シェラトン(シェラトングランデトーキョーベイなど)

   ■マリオット(大阪マリオット都ホテルなど)

   ■リッツカールトン(ザ・リッツカールトン東京など)

   ■ウェスティン(ウェスティンホテル東京など)

シェラトンとかマリオットなどは、普段よりちょっといいかな位のホテルですので、泊まったことがある方も多いかも知れません。

SPGアメックスの魅力をひとことで言うと?

SPGアメックスと検索すると、いろいろなブログが検索結果で出ますよね? 何がそんなに魅力なのか、すごくザックリで3つ挙げるとすると、こんな感じです。

(1)貯めたポイントを、40を超える航空会社のマイルに交換できる。

(2)カード入会した翌年から、1泊無料宿泊ができる。

(3)このカードを持つだけで、マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員に。

私のような陸マイラーとしては、(1)のマイルに交換がうれしいです!JALやANAなどの身近なエアラインについては、3マリオットボンヴォイポイント(以下ポイントと略します)について、1マイルに移行できます。

SPGアメックスのメリット

では私たち陸マイラーがSPGアメックスカードを持つと、どんなメリットがあるのか、さきほどの(1)から(3)も含めて具体的に解説したいと思います。

まずは入会時のメリットからです。

ご入会後3ヶ月以内に10万円以上のご利用で30,000ポイントプレゼント

SPGアメックスカードに入会後、3ヶ月以内に10万円の利用があると、30,000ポイントがプレゼントされます。

これはすごく大きいと思います!

JALやANAのマイルで言うと10,000マイルの価値になります。

3ヶ月で10万円なら、普段の生活費をカード払いにすれば達成できそうですね。もしそれが難しければ、

・ケータイ代を支払う

・アマゾンのギフト券を購入する

・通勤定期代を支払う

・自動車税を支払う

などの出費で何とかなりそうですね。私は、家電量販店での買い物、自動車税のカード払い、通勤定期代の支払いでクリアしました。

貯めたポイントを、40を超える航空会社のマイルに交換できる。

SPGアメックスカードの利用100円ごとに3ポイントが貯まります

そして3ポイント = 1マイル となります。

なので、30,000ポイントあるとしたら、ほとんどの航空会社の10,000マイルに移行できることになります。つまり3:1ですね。

この理論をまず覚えてから、この表をご覧いただくと分かりやすいです。

エーゲ航空3:1
Aer Lingus AerClub3:1
アエロフロート ボーナス3:1
エアロメヒコ クラブプレミエ3:1
エアカナダ アエロプラン3:1
エアチャイナ フェニックスマイル3:1
エールフランス/KLM フライングブルー3:1
ニュージーランド航空Airpoints™200:1
アラスカ航空 Mileage Plan®3:1
アリタリア航空ミッレミリア3:1
ANAマイレージクラブ3:1
アメリカン航空3:1
アシアナ航空アシアナクラブ3:1
アビアンカ航空 LifeMiles3:1
ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club3:1
アジアマイル3:1
中国南方航空3:1
コパ航空 ConnectMiles3:1
デルタスカイマイル3:1
エミレーツスカイワーズ3:1
エティハド ゲスト3:1
フロンティア航空EarlyReturns®3:1
海南航空3:1
ハワイアン航空 HawaiianMiles®3:1
Iberia Plus3:1
InterMiles3:1
日本航空 (JAL) マイレージバンク3:1
ジェットブルー航空TrueBlue™6:1
大韓航空スカイパス3:1
LATAM航空 LATAMPASS3:1
Multiplus3:1
カンタス フリークエントフライヤー3:1
カタール航空プリビレッジクラブ3:1
サウディア航空3:1
シンガポール航空クリスフライヤー3:1
南アフリカ航空 Voyager3:1
サウスウエスト航空 Rapid Rewards3:1
TAPポルトガル航空3:1
タイ国際航空3:1
ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス3:1.1
ヴァージンアトランティック航空Flying Club3:1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer3:1
Vueling Club3:1
マリオットボンヴォイ HPより

JALやANAをはじめ、ほとんどの航空会社が3:1の交換比率であることが分かります。

繰り返しになりますが、30,000ポイントあるとしたら10,000マイルになりますね。

ユナイテッド航空の場合は3:1.1なので、この表のなかでいちばんお得です。 

30,000ポイントあるとしたら、11,000マイルに換えられることになります。

その反面、ニュージーランド航空は・・・、貯めるのは難しそうです(汗)

60,000ポイントの交換で5,000マイルのボーナス

ポイントを航空会社のマイルに移行するときは、ぜひ60,000ポイント貯めてからにしましょう。

15,000ポイント = 5,000マイルのボーナスマイルが加算されます!

そのため、60,000ポイント交換のときは

20,000マイル + 5,000ボーナス = 25,000マイル

が貯まることになり、たいへんお得です。

カード入会した翌年から、1泊無料宿泊ができる。

SPGアメックスカードに入会したその年は付きませんが、翌年のカード更新時に50,000p以内で宿泊できるホテルの無料宿泊特典が付与されます。主な条件は次の通りです。

        【無料宿泊特典の利用規定】
■マリオットボンヴォイ参加ホテルのうち、1泊50,000ポイントまでのホテルで利用可能
■特典宿泊は1泊1室大人2名まで(一部3名1室可能なホテルもあり)
■宿泊希望施設に空室があれば、年末年始問わず宿泊可能
■特典の利用期限はポイントを付与されてから1年間
■無料宿泊予約は無料で変更取消可能

マリオットボンヴォイのゴールドエリートが自動付帯

マリオットボンヴォイのホテルに年間25泊すると、ゴールドエリートという会員資格を獲得できますが、SPGアメックスカードを所持するだけで、1泊もすることなくゴールドエリート会員になることができます。

ゴールドエリート会員になると、こんな特典がついてきます。

■ご滞在ごとに25%のボーナスポイント
■より望ましい客室へのアップグレード
■午後2時までの レイトチェックアウト
■ウェルカムギフトとしてポイントを進呈
■無料の客室内高速インターネットアクセス
■会員限定料金

私としては、この中でいちばん嬉しいのは客室のアップグレードですね。必ずアップグレードされる訳ではないですが、もしそうなったときに同行者の喜ぶ顔を見たいですからね(笑)

また、ここには書いていないですが、ホテルによってはSPG専用カウンターだったり、ルームキーも他とは区別したものであったりします。

プラチナエリート会員資格取得用実績をプレゼント

年間50泊のプラチナ会員を目指すときに、最初から5泊分の実績が付与されてきます。つまり、プラチナとゴールドの差25泊分のうち、5泊分は実績をもらえるので、残り20泊すればプラチナ会員になれるということです。

ただし、プラチナチャレンジというステータスマッチにチャレンジする場合は16泊すればよいです。

こんな感じで最初から5泊分の実績が付いてきます。

 

マリオットボンヴォイのアジア太平洋地区のホテルでのレストラン・バーの利用代金が15%引き

アジア太平洋地域の2,800軒以上のレストラン・バーの利用で15%引きとなります。この地域へのお出かけの際にはうれしい特典です。ただし朝食はカウントされないケースがほとんどです。

マリオットボンヴォイの宿泊代金の支払いはさらにポイントUP

マリオットボンヴォイ参加ホテルで宿泊代金をSPGアメックスカードで支払うと、100円につき6ポイントが貯まります。さらに宿泊代1米ドルにつき12.5ポイント(通常会員の25%ボーナス)が獲得できます。

空港でのラウンジ利用(同行者も1名まで可)

SPGアメックスカードと当日の搭乗券を提示で、国内外29空港の空港ラウンジを、本人および同行者1名まで無料で利用できます。

でも航空会社のビジネスクラスやファーストクラスのラウンジではありませんので、過度な期待は禁物です(汗)。

海外からの帰国時にスーツケース1個無料配送

海外旅行の際、帰国時に空港からご自宅まで、SPGアメックスカード会員はスーツケース1個を無料で配送いたします。対象空港は、成田空港、中部空港、関西空港の3カ所のみです。

飛行機の遅延による臨時出費を補償<航空便遅延補償>

これはSPGアメックスカードでなくても、ちょっとグレードのいいカードなら付いていることが結構あります。

航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代、また、手荷物の到着遅延や紛失などにより負担した衣類や生活必需品の購入費用を補償します。

旅行傷害保険の付帯

航空券やパッケージツアーなどの代金をSPGアメックスカードで支払うと、旅行傷害保険が自動的に付帯されます。海外旅行保険では、カード払いでなくても一定額の補償が付帯されます。保険に関する正式な案内はホームページでご確認ください。

お買い物補償<ショッピングプロテクション>

国内外で、SPGアメックスカードで購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、年間最高500万円まで補償されます。

キャンセル・プロテクション

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、ケガによる入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償するサービスです。

さらに、同行予定だった配偶者の方の分も併せて補償されます。
以下のサービスをSPGアメックスカードで購入した場合に、補償の対象となります。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティー用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

その他の付帯サービス

オーバーシーズ・アシスト

海外旅行中、レストランの予約や医療機関の紹介など、日本語で24時間サポートを受けられます。

大型手荷物宅配優待特典

海外旅行で、大きな荷物を送る際の輸送料を1,000円割引します。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発時・帰着時に、MKタクシーのチャーター手配ができます。

無料ポーターサービス

出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、専任スタッフがお荷物を運んでくれます。

SPGアメックスカードのデメリット

年会費がちょっとお高めです

本会員は31,000円(税込34,100円)という年会費は、われわれが普通に持っているクレジットカードのなかでは高いほうの部類に入ると思います。私もしばらくは迷っていましたが、貯めたポイントをマイルに交換して特典航空券をゲットするという、陸マイラーとしての使命感(?)が最後には勝り、会員になることにしました。

家族カードはメリットなしです

一般的な考え方ですと、本会員に付随する家族会員は、本会員に準じた特典等があるように思いますが、SPGアメックスカードの場合は何もなしです。翌年からの無料宿泊券が付くわけでもありません。それで家族会員年会費が15,500円(税込17,050円)ですので、入会する価値はないように思います。

ホテルに興味のない方

マリオットボンヴォイに参加しているホテルは、ものによっては数千円で宿泊できるホテルもありますが、その多くは中級ランク以上のホテルです。ただひたすら安ければいい、ホテルにはあまり興味がないという方ですと、マイレージに移行する手段としてだけの利用価値なのかなと思います。

SPGアメックスカードのお得な申し込みのしかた

まず最初にマリオットボンヴォイの会員になりましょう

SPGアメックスカードの申し込み手続きの前に、マリオットボンヴォイ会員になって会員番号を取らないといけません。

こちらのリンクからマリオットボンヴォイのHPに入れます。

ポイントサイトでの案件は見当たりません

当ブログでは、クレジットカードの申し込みはポイントサイト経由を推奨しておりますが、SPGアメックスカードについては現在のところ紹介案件はないようです。

そのため、アメックスで実施している、既会員からの紹介制度を利用することになります。

SPGアメックスカードは紹介による入会がお得

SPGアメックスカードのメリットのところでもお話ししたように、入会から3ヶ月以内に100,000円のカード利用をすると30,000ポイントが付与されます。

それとは別に、既会員からの紹介で入会すると6,000ポイントがさらに付与されます。

直接アメックスに申し込んでしまうと6,000ポイントは付きません。

私のこの記事をご覧いただいて、「SPGアメックスカード、何かよさそうだな。」とお考えの方は、下のご紹介画面からご入会されると、6,000ポイントがボーナスでもらえます!

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    陸マイラーの方でもマイルが貯められる魅力的なカードであることが、大まかにはお分かりいただけたかなと思います。

    もう一度要点だけ整理しておきます。

    ・新規入会は紹介での加入が唯一お得な手段です。こちらからもSPGアメックスカードの申し込み画面に入れます。

    ・60,000ポイントをマイルに移行するときは、15,000ポイントボーナス付き。

    ・SPGアメックスカードの所持で無条件に「マリオットボンヴォイ ゴールドエリート」ステイタスが付いてきます。

    ・40を超える航空会社のマイレージプログラムに、ポイントを移行できる。

    ・加入翌年から50,000ポイント相当の無料宿泊券がもらえる。

    私も最初は迷いましたが、カードを手にしてからは「マイルが貯まったらどこへ行こうかな」と、ネットでビジネスクラスやファーストクラスの旅行記を見たり、航空旅行(イカロス出版)をあれこれ読んだり、夢がふくらんできました。

    いえ、夢ではなくてもうすぐ現実のものになります!

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    コメント

    マイルの宝箱 | 管理人

    おさむらい
    おさむらい

    JALときどきANA、時によりUAのマイルを貯めている陸マイラーです。目線を低くして、初心者の方や主婦の方など、誰れにでも優しく簡単にマイルを貯められるような情報提供を目指しています。旅行会社勤務ですが、添乗ではマイル加算運賃で乗れる筈もなく、もっぱらクレジットカードやポイントサイトでマイルを稼いでいます。旅行業界の裏話や、My Lifeのカテゴリーでは自分の好きなものを記事にしています。よかったなと思っていただける記事がありましたら、ぜひお友達にもご紹介ください。

    おさむらいをフォローする
    タイトルとURLをコピーしました