【GoToトラベルキャンペーン】これは見逃せない!今だから行ける高級ホテルの旅 日光金谷ホテル

旅行記

2020年7月からGoToトラベルキャンペーンが始まっています。私もこの制度を利用して、普段なかなか泊まれない高級ホテルの「日光金谷ホテル」に宿泊してきました。初めての旅行記になりますが、日光金谷ホテルの滞在を検討されている方の参考になるような記事にしたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合いください。

ホテルのはじまり

まだ外国人向け宿泊施設のなかった明治4年に、後にヘボン式ローマ字で知られるヘボン博士を、善意で自宅に泊めさせた金谷善一郎がヘボン博士の勧めでホテルを開業したのが始まりです。ホテル目の前のギャラリーにその歴史が解説されています。

ヘボン博士
金谷 善一郎氏

ホテルの施設

ホテルの入り口
本館全景1
ホテル全景2
玄関前1
玄関前2

玄関前では手指の消毒と、首筋あたりに非接触型体温計での検温があります。

玄関のドアは回転式で、ドアマンが開けてくれます。

館内施設

回転ドアを内側から見たところ
ロビー  とてもクラシカルです
ロビー
フロント裏手の、誰でも利用できるラウンジ
館内には至る所にホテルの歴史が紹介されています
フロント横から2階のダイニングヘ上がる階段
プールもありますが、入れるような雰囲気ではなかったです
プールの隣は、冬にはスケートリンクになります

お部屋

今回は別館の利用となりました。チェックインの時は雷雨だったので多少濡れましたが、でも堂々と本館以外に入場できたので結果的にはよかったです。自分たちの隣の部屋は、新郎新婦控室という表示が貼ってありました。廊下はヒノキのようなアロマの匂いがして、心地よいです。

話が前後しますが、マイカーで来た方は↓の写真のように、本館前に駐車しておけます。チェックインが遅いと、違う駐車場に誘導されるようです。なお、地面は砂利です。

本館のすぐ右側が別館です
別館をお庭側から

3人で宿泊しましたが、お部屋はかなり広く、正ベッド3台でした。

まずお部屋に入った瞬間、窓からの景色に目を奪われました。額縁に見せかけたお部屋の窓からの、お庭の景色が最高でした。

お部屋からの眺め1
お部屋からの眺め2

雨が降っていたので、お庭の木々がしっとりとしていて、とても風情がありました。

翌朝の景色
ソファーからの眺め
正ベッド3台です
テレビは低い位置にあるので、いちばんドア側のベッドからは見づらいです。
浴室はユニットバス

客室のお風呂はユニットバスです。写真にはありませんが、天井はやや年季の入った感じですが、別に触るわけでもないし、こんなもんかといったところです。なお、アメニティーは「BOTANICAL」のものでした。

夕食

お食事は、2階にあるダイニングルームでいただきます。

こちらのダイニングルームで夕食

夕食はフランス料理のフルコースとなります。

フランス料理の夕食

正統派のフランス料理といった感じのメニューです。我々はこちらのメニューをいただきました。もうひとつのメニューは虹鱒のソテーです。かなり大きいサイズのものですと伺いました。こちらは次回の楽しみとします。

虹鱒のコース
オードブル

最初はオードブルから。フォアグラとピスタチオの・・・と説明を受けましたが、あとでメニューみればいいかと思い、よく覚えておきませんでした。

本日のスープ

本日のスープは枝豆スープでした。クリームと枝豆の濃厚な味わいで、ほんの微かにスパイシーな隠し味を感じる、大変美味しいスープでした。

魚料理

「黒鯛のヴァプール 野菜のマセドワーヌ 群馬県 恵ファームのトマトソース」です。上に乗っている角切りの野菜が、何だか昭和風って感じです。これがマセドワーヌっていうんですね。トマトの優しい甘みを感じるソースと、蒸した黒鯛の上品な味わいとの相乗効果で、こちらも秀逸でした。

肉料理

お肉料理は「霧降高原牛フィレ肉のステーキ 赤ワインと日光舞茸の入ったソース」を選択しました。お肉も舞茸も地産地消ってことですね。ステーキは小ぶりに見えますが、もうこの時点で結構お腹いっぱいなのでちょうどよい大きさでした。サシが入って柔らかく美味でしたが、天敵インゲンが出てくるとは思わず・・・。

デザート

サラダの写真は撮り忘れ(汗)、最後はデザートです。こちらも自家製のプリンが美味しかったです。このほか、コーヒーが出てきて夕食は終了です。

夕食は、今どきの装飾が見事だったり、珍しい食材を使ったフランス料理というわけではありませんが、金谷ホテルのこだわりやプライドを持った伝統的なフランス料理という感じがしました。今回はそういうのを期待して行ったので、大変満足です。

朝食

朝食も同じく2階ダイニングでいただきます。

朝食はセットメニューで、卵料理はオムレツ・ゆで卵・スクランブルエッグから選択、付け合わせはベーコン・ハム・ソーセージから選択でした。

朝食のセッティング
スクランブルエッグとベーコン
オムレツとベーコン

ということで、日光金谷ホテルの旅行記をお届けいたしました。

まとめ

このようなクラシックホテルに滞在するのは初めてでしたが、歴史的な建物に泊まり、おいしいフランス料理をいただいたことは貴重な体験でした。GoToトラベルキャンペーンがなければ泊まれなかったホテルだと思うので、この時ばかりはこの制度に感謝いたしました。ノスタルジックな雰囲気のホテルに泊まりたい方にはぜひともおすすめしたいホテルです。

おすすめ旅行商品

ツアー

日光金谷ホテルの宿泊がパックになった旅行商品としては、クラブツーリズムのバスツアーがあります。こちらのコースは新宿・東京発着1泊2日の旅で、GoToの割引後の旅行代金が61,000円~91,000円です。

■コース番号 06297-900

『日光東照宮初詣 歴史と伝統のクラシックホテル「日光金谷ホテル」2日間』【新宿・東京出発】<四季の華/GoToトラベル事業給付対象/19名様以下>

出発日 : 2021年1月3日(日)、1月8日(金)、1月10日(日)

クラブツーリズム

またこちらは新宿・上野発着の日帰りバスツアーで、女性限定ひとり旅です。GoToの割引後の旅行代金が18,900円です。

■コース番号FX511-900

<女性限定ひとり旅/バス席1人2席>『日光金谷ホテル伝統のランチとガイド付!日光東照宮の初詣』<GoToトラベル事業支援対象/19名様以下>【新宿・上野 出発】

出発日 : 2021年1月3日(日)、1月8日(金)、1月10日(日)、1月14日(木)

クラブツーリズムの旅は他にもいろいろありますので、詳しくは↓のバナーからご検索ください。

宿泊のみ

各社とも宿泊企画は出していますが、お安いと思われる「じゃらん」の商品をご紹介します。検索すると1泊7,300円とか出てきますが、これは眉唾物ですね。じゃらんがよくやる素泊まりでの特定日のものです。でも普通に検索しても、結構お手頃価格のものがあるようですよ。私が見た感じですと、2名1室でひとり1万円台後半から設定があるようです。

こんなフランス料理を食べに行きませんか?↓の画像からじゃらんの日光金谷ホテルのページへ遷移します。

JTBの国内宿泊予約も便利です

番外編

日光金谷ホテルへ上がって行く坂道の途中に、「ステーキハウスみはし」というレストランがあります。こちらでランチをいただきましたので、画像のみになりますがご覧ください。

若鳥のステーキ
ハンバーグステーキ
虹鱒のソテー。2匹出てきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

マイルの宝箱 | 管理人

おさむらい
おさむらい

JALときどきANA、時によりUAのマイルを貯めている陸マイラーです。目線を低くして、初心者の方や主婦の方など、誰れにでも優しく簡単にマイルを貯められるような情報提供を目指しています。旅行会社勤務ですが、添乗ではマイル加算運賃で乗れる筈もなく、もっぱらクレジットカードやポイントサイトでマイルを稼いでいます。旅行業界の裏話や、My Lifeのカテゴリーでは自分の好きなものを記事にしています。よかったなと思っていただける記事がありましたら、ぜひお友達にもご紹介ください。

おさむらいをフォローする
タイトルとURLをコピーしました